MICE 開催ガイドライン 0

公益財団法人大阪観光局(理事長:溝畑 宏)は「感染症拡大のリスクを抑え、MICEを開催するための主催者向けガイドライン」を2020年6月3日に発表いたしました。 
これまでMICE(展示会や学術会議などビジネスイベントの総称)は、ビジネスの機会やイノベーションの創出、研究促進、地域活性化など、経済発展の牽引役として大きな役割を果たしてきました。しかし新型コロナウイルスの感染拡大により、多くのMICEが中止・延期となり、それによって生み出されていたあらゆるビジネス活動が停滞し、経済へ深刻な影響を及ぼしています。 
そこで大阪観光局は大阪府・大阪市の合意のもと、政府方針、MICE事業者の意見、他業界や海外でのMICE再開の先行事例等を参考に、感染症専門家の監修を経て、開催にあたっての感染症拡大予防策、管理運営についての推奨事項など、主催者に向けたガイドラインを策定いたしました。 
主催者の皆様は参加者が安心して参加できる環境づくりに、本ガイドラインをお役立てください。MICEが再び盛んに開催されるようになり、経済発展に寄与することを心から願います。


fabe37b2-056d-11e8-aca5-06326e701dd4.jpeg

感染症拡大のリスクを抑え、MICEを開催するための主催者向けガイドライン
1.ガイドライン策定の目的
大阪でMICEを開催するにあたり、主催者に本ガイドラインを参考にして感染症へのリスク対策を施した開催計画、事業運営を行っていただくことで、主催者と参加者双方の満足度の向上と大阪MICEのさらなる活性化を目的とする。

2.ガイドラインの概要
(1)開催前の実施事項
(2)会期中の実施事項
(3)大阪観光局によるMICE主催者へのサポート
 PDFダウンロード(日本語)
 PDFダウンロード(英語)


>