MICEニュース

News

2022.04.12

大阪・関西万博開催まで、あと3年となりました!

2025年に大阪・関西万博が開催されます!

~ いのち輝く未来社会のデザイン ~

会期:2025年4月13日(日)~10月13日(月) 184日間

会場:大阪・夢洲

ドバイ万博について

2021年101日~2022331日まで、UAE(アラブ首長国連邦)ドバイにおいて「2020年ドバイ国際博覧会」が開催されました。参加国は192ヵ国、来場者数は約2,410万人と多くの方が足を運びました。「アイディアの出会い」というテーマで日本館も出展しており、連日多くの方で賑わっていました。「ジャパンデー」では、ドバイ万博公社主催のもと、国旗掲揚、日本、UAE 代表によるスピーチに続き、和太鼓の演奏や合気道の演武、ドバイ日本人学校の生徒による南中ソーランなど、日本の多様な文化を紹介するパフォーマンスを行いました。

DSC_4815 (1).jpg
osaka.JPG
4.jpg
3.JPG

写真©2020年ドバイ国際博覧会日本館

2020年ドバイ万博 日本館の詳細はこちら:


大阪・関西万博について

大阪・関西万博は2025年に夢洲にて開催されます。大阪での万博は1970年以来55年ぶりで、約2,820万人の来場者を見込んでおり、世界中から大阪に多くの方が集結します!「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマにSDGsへの貢献と日本の国家戦略Society5.0の実現を目指しています。

「万博」が持つ求心力・発信力を起爆剤にし、日本の成長を持続させます。

0201216_angle1_resolution600.jpg
image_raijyou32.jpg
image_event32.jpg
image_water32.jpg

写真©公益社団法人2025年日本国際博覧会協会

2025年大阪・関西万博の詳細はこちら:


太陽の塔(1970年大阪万博のシンボル)

1970年に開催された大阪万博は77ヵ国が参加し、来場者は6,400万人を超えました。テーマは「人類の進歩と調和」であり、そのテーマを表現するシンボルとして太陽の塔は建設されました。高さ70メートルの太陽の塔は見る人に強い感銘を与えました。

2025年大阪・関西万博に向けて大阪観光局MICEサイトのトップページにも太陽の塔を使用しています。

tower_of_the_sun.jpg

太陽の塔の詳細はこちら:


公式ロゴマーク・キャラクターについて

大阪・関西万博の公式ロゴマークはウィズコロナ・ポストコロナの時代に、「新しい万博」を彩り、「いのち輝く未来社会のデザイン」というテーマを力強く表現しています。先日発表された公式キャラクターは1,898作品の中から選ばれました。ロゴマークと「水の都」の水のイメージを一体化させたキャラクターであり、生き生きとしたロゴマークのイメージを保ちつつ、変化の可能性も秘めています。

EXPO2025LOGOtateCOLOR.jpg
banpaku_chara_img_meishi.jpg

ロゴマークの詳細はこちら:


大阪観光局の取り組み

大阪観光局は「リアルMICE」を歓迎し、2025年大阪・関西万博をMICE誘致の起爆剤にしていきます。

2025年大阪・関西万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」の実現、ともに盛り上げていくための機運醸成・情報発信等、様々な機会(「TEAM EXPO 2025」プログラムへの参画等)での連携・共創を促進し、万博の成功へ繋げていきます。

scene7_1.JPG
scene1_1.jpg

大阪観光局の事業概要はこちら:


【お問い合わせ】

公益財団法人 2025年日本国際博覧会協会事務局

559-0034 大阪市住之江区南港北1-14-16 (大阪府咲洲庁舎43階)
Mail:[email protected] or.jp

TEL:06-6625-8651 (平日10:0017:00